DTM(音楽制作)教室

  1. HOME >
  2. 音楽教室 >

DTM(音楽制作)教室

現代音楽の制作現場の中心的存在DTMレッスン
難しい専門用語からDTMならではの音楽制作のテクニックを学びませんか>

DTM とはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、要はパソコンを使っての音楽制作といった感じでしょうか。また、DTMで使用するパソコンのアプリケーションを、DAW(Digital Audio Workstationの略)といい、「logic cubase protools digital performer live」など、各社色々なソフトを出しています。ワンダラー音楽教室ではマシンはMac、DAWは、ProToolsやLiveを使って音を打ち込んだり、録音したりして作曲していきます。キーボードからパソコンへの信号の流れやMIDI規格などPCとDTMの基礎知識を身につけます。

ミスタッチが思わぬ名曲を産むことも!?偶然が面白いフレーズになるのもDTMの醍醐味

パソコンの進化のおかげでトラブルは激減し、面倒だった器材のセッティングもずいぶん楽になりました。マシンやソフトなどの機材も、一昔前と比べるとずっとお手軽に、かつ高性能になりました。時は満ちました。あなたもDTMを始めませんか?最近はフリーソフトでも、なかなか良いモノもあります。ワンダラー音楽教室ではSMF(スタンダードMIDIファイル)形式でデータのやり取りを、していきます。その為、ご使用ソフトに影響されずにDTMの基礎を学んでいただけます。何気なく打ち込んだフレーズでも、少しタイミングを変えたり、強弱を変えたり、どこか1音変更するだけで、ぐっとかっこう良くなったりもします。さあ、DTMをはじめて、格好良いオリジナル楽曲を作りましょう!!

まずは少ない音数で格好良いフレーズを作ってみよう!休符やアクセントの位置でノリを出そう!

一通りパソコンと機材の基礎知識を押さえて、打ち込みです。キーボードを使って、ドラムの打ち込みをしてみましょう!ドラムの基本の音色は、キック、スネア、ハイハット。とりあえずは、この3音でリズムを組み立ててみましょう!!次にベースを入れます。まずは2つのコードを2小節ずつ、合計4小節のループを作りましょう!ベースはルート、5TH、経過音を効果的につないで、ノリのある低音を作りましょう!

では次にコード楽器を入れます。ギターやピアノ、ストリングスなどの音色を使いながら、コード感を出しましょう!これで4小節のループができました。

最後にメジャースケールやマイナースケール、ブルーノートスケールなどを使って、とにかくアドリブしてみましょう!!間違っても格好悪いフレーズでも、とにかくめげずに打ち込みましょう!繰り返すうちに必ず気に入ったフレーズが出てきます。最終的に気に入ったメロディーをコードや理論と照らし合わせ、分析し、自分のモノにしていきます。

講義の詳細

開催日 毎日開催(指定休日を除く)
開催時間帯 日中(9:00~18:00)、夜間(18:00以降)
AM9:00~PM10:00 (年中無休)
詳細はお問い合わせください
受講時間 30分
平均受講期間 6ヶ月以上が、目安となります
入学金 5,000円(税込)
受講料 8,000円(税別)(月3回)
補足事項 特に必要なものはございませんが、念のため筆記用具と、少し動きやすい服装でお越し下さい。
お支払い方法 月謝制 ご入学時にお月謝袋をお渡しいたします。月末に翌月のお月謝をお支払いください。

© 2021 Wanderer Studio