録音時のモニターリバーブの設定

  1. HOME >
  2. blog >

録音時のモニターリバーブの設定

ワンダラーの秘密兵器

レコーディング時のボーカルのモニターは、なるべくドライな設定を推奨してます。
はっきりと聞こえ、ごまかしが効かない方が、演奏の確認や細かな調整がしやすいと思います。

が、ジャンルやボーカルスタイルによっては、深めのリバーブの方が力が抜けて良い…なんて事もあります。

今回はクライアントさんから、録音時のボーカルのリバーブを目一杯深くかけて欲しい!との要望で細かなセッティング。

一昔前までは、SPXなど外部機器に送ってモニター用のリバーブを返してましたが、今ではミキサーもリバーブもパソコン上に。

細かな設定も記憶させれるので、プリセットで1発呼び出し。
便利な時代になりましたね!

ボーカル・ナレーション・生楽器の録音は
名古屋市北区のレコーディングスタジオ
ワンダラースタジオへ

-blog, ホームページ, レコーディング, 機材

© 2022 Wanderer Studio